ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4602件

沖縄県産品買って応援 県、きょうから販促企画

県商工労働部は6日、新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込む県産品の消費を高めようと、「買って応援!みんなのうちなーむん県産品応援プロジェクト」を7日から実施すると発表した。県工業連合会(古波津昇会長)、県物産公社(湧川盛順社長)と連携し、...

つづきはこちら

沖縄県、追加の経済対策を検討 まん延防止延長で 7日に業界から意見聴取

沖縄県は6日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」について、11日の期限が延長される見通しが高まったとして、追加の経済対策の検討に入った。関係者によると、延長期間は「2週間」と「5月末まで」の2パターンを想定し、...

つづきはこちら

機内で感じる沖縄♪ JTAのヘッドレストカバーに紅型新デザイン

日本トランスオーシャン航空(JTA、青木紀将社長)は、第4弾となる紅型ヘッドレストカバーのデザインを那覇空港でお披露目した。作品名は「Coralbouquet(コーラルブーケ)~海からの贈り物~」で、「紅型工房うるばな。」の名越早織さんがデ...

つづきはこちら

リウボウストアも!ネットスーパーに参入 5月から「鮮度と高品質を売りに」

スーパーマーケットのリウボウストア(那覇市、糸数剛一社長)は5月1日から、ネットスーパー事業を始める。配達エリアは、那覇市の天久店を拠点に那覇・浦添市の一部地域だが、随時拡大していく。 午後1時半までの注文で、当日の配達に対応する。配達スタ...

つづきはこちら

離島の製糖業「残業規制」で存続ピンチ 白砂糖工場の刷新に巨額負担「行政支援を」

 県の基幹作物サトウキビを原料とした製糖業で、2024年4月から時間外労働勤務(残業)の上限規制が適用される。県内産糖量の9割を占め、白砂糖の原料となる「分蜜糖」の工場では、集中制御室を設けるなどして自動化、集中管理化を進め、少ない人員でも...

つづきはこちら

タッチパネルだけど「タッチいらず」でチェックイン JALが那覇空港に設置

 日本航空(JAL)沖縄空港支店は、非接触型の自動チェックイン機を那覇空港に6台導入した。赤外線により画面から2・5センチ程度の距離で手の動きを認識し、タッチパネルに直接触れなくてもチェックインの操作ができる。 接触機会を減らすことで新型コ...

つづきはこちら

イオンライカムが初のリニューアル! 総菜の量り売り、家具アウトレット…新店舗...

【北中城】イオンモール沖縄ライカム(北中城村)で、イオン琉球が直営する「イオンスタイルライカム」は23日、2015年の開業以来初のリニューアルをした。新型コロナウイルスの感染拡大で観光客の来場者が減少する中、衣料ブランドや家具、菓子などの新...

つづきはこちら

命名「ポコット」と「ジュワリー」 沖縄県産パインにJAが商標登録へ

JAおきなわは、県産パインのボゴール種を「ポコットパイン」、ハワイ種(N種)を「ジュワリーパイン」と名付け、商標の登録に取り組んでいる。新名称で知名度向上やブランドの確立を目指す。 県内のパイン生産は2種が主力品種になっている。「ポコット」...

つづきはこちら

7年古酒ボトル 古酒の郷が発売

県内42の酒造所でつくる協同組合「琉球泡盛古酒(くーす)の郷」(うるま市)はこのほど、昨年11月の泡盛鑑評会で沖縄国税事務所長賞を受賞した「7年古酒ボトル」(アルコール度数44度)を発売した。 バニラの香りと甘い風味があり、こくの深い味わい...

つづきはこちら

「リゾテック」国際IT見本市、11月に開催 ワーケーション体験のイベントも

「リゾテックオキナワ おきなわ国際IT見本市」実行委員会は21日、那覇市の県市町村自治会館で記者会見し、今年の国際IT見本市の開催概要を発表した。名称を「ResorTech EXPO(リゾテックエキスポ)2021inOKINAWA」に改め、...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 461