ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4516件

平成の写真で「アルバムバス」 27番屋慶名線に80枚掲示、高校生が企画

沖縄県民の公共交通利用促進を目指す「わった~バス党」の取り組みの一環として12日、27番屋慶名線の内外を写真で飾った「平成アルバムバス」が運行を開始した。「平成という時代が分かる写真」のテーマで寄せられた約80点が、乗客を楽しませる。  ア...

つづきはこちら

ナンポー、首里城再建まで支援 商品売上げの1%寄付 パッケージに正殿を配置

菓子製造販売のナンポー(那覇市、安里睦子社長)は首里城の再建を支援するため、「べにいもたると(6個入り)」を3箱セットにした商品を13日から発売する。売り上げの1%を美ら島財団に寄付する。  商品パッケージの表面には首里城正殿や守礼門、火災...

つづきはこちら

首里城火災で周辺業者の半数以上が「売り上げ減」 団体客が少なくなった…外国人...

 那覇商工会議所は10日までに、首里城周辺で営業する事業者を対象としたアンケートの結果をまとめた。首里城火災の発生前と比較して売り上げが「減少した」や「大きく減少した」と回答した事業者は53・7%と半数以上を占めた。外国人や団体客など、観光...

つづきはこちら

下地島―関西路線、3月から再開 ジェットスター GWは1日1便

【宮古島】格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは6日、宮古島路線の2020年夏ダイヤを発表し、販売を開始した。一時運休となっていた関西―下地島路線は3月29日から運航を再開する。同社の中村泰寛会長=写真左奥=が6日に宮古島市役所...

つづきはこちら

泡盛醸造原料米、刈り取りに汗 名護、年明けに仕込み

泡盛の輸出拡大に向け付加価値を高める「琉球泡盛テロワールプロジェクト」で7日、名護市真喜屋の田んぼで原料米の収穫が行われた。プロジェクトのメンバーや、収穫した米で泡盛を醸造する龍泉酒造(名護市)の社員、泡盛愛好者らが参加した。雨が降り、時折...

つづきはこちら

県産ミカン召し上がれ 「あまSUN」旬入り

【中部】中部地区晩生柑橘産地育成協議会(佐次田秀樹会長)は7日、沖縄市の中部ファーマーズマーケットちゃんぷるー市場で、県産ミカン「あまSUN」の旬入りを宣言した。佐次田会長は「色、つや、味覚申し分ない」と今年の出来を評価し、「ぜひ贈答品や家...

つづきはこちら

沖縄に新スポットが誕生 県内初出店のロフト!屋上型テーマパークも 新大型商業...

大和ハウス工業(大阪府、芳井敬一社長)は6日、沖縄県豊見城市豊崎で2020年4月下旬に開業する大型商業施設の施設名称を「iias(イーアス)沖縄豊崎」に決定し、沖縄初出店となる生活雑貨の「ロフト」など計155店舗が出店すると発表した。4階部...

つづきはこちら

開店当時は県内最大規模だった書店が撤退へ 戸田書店豊見城店が来月閉店

沖縄県豊見城市豊崎の「戸田書店豊見城店」が、2020年1月13日で閉店する。戸田書店(静岡、鍋倉修六代表取締役)は09年の浦添前田店の閉店に続き、県内からの事業撤退となる。同社は「インターネットの普及で出版物全体が低迷する中で、経営的に判断...

つづきはこちら

プチプチ食感楽しめる! 海ぶどうのソフトクリーム登場 沖縄・糸満の養殖業が開...

養殖海ぶどうを生産・販売する日本バイオテック(糸満市)は、採れたての海ぶどうをソフトクリームに練り込んだ「生 海ぶどうソフトクリーム」を開発した。養殖場に隣接する同社のカフェ「海ぶどうと海ぶどうソフトのお店“ぷちぷち”」(市真栄里)で2日か...

つづきはこちら

「美らスイート」に観光庁長官賞 全国土産品審査会 沖縄から3品入賞

日本商工会議所などは5日、各地の菓子や食品、民芸品など優れた土産品を選ぶ「全国推奨観光土産品審査会」の入賞72品を発表した。県内から3品が入賞し、黄金茶屋(うるま市)の「美らスイートポテトタルト~黄金芋と紅芋のマリアージュ~」が観光庁長官賞...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 452