ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4650件

ANA羽田―宮古・石垣が6月運航再開 羽田―那覇は増便

全日本空輸(ANA)は21日に発表した6月の運航ダイヤで、新型コロナウイルス感染症の影響で4月末から運休している羽田―宮古、羽田―石垣の運航再開を決めた。石垣は6月1日、宮古は6月5日を皮切りに、不定期で1日1往復を運航する。現在は1日3往...

つづきはこちら

豚熱の予防接種を終了 初回17万頭 続く防疫の取り組み

今年1月から沖縄本島中部で発生した豚熱(CSF)の感染防止に向けたワクチン接種で、県農林水産部は21日、沖縄本島内の全養豚場を対象に実施してきた初回接種を終えた。接種頭数は196農場で17万1822頭だった。豚熱の感染を抑え込む一つの節目を...

つづきはこちら

「内定取り消し」救済へ非常勤を緊急募集 沖縄総合事務局

沖縄総合事務局(吉住啓作局長)は21日、新型コロナウイルス感染症の影響で就職の内定を取り消された人などを対象に、非常勤職員を緊急募集すると発表した。  対象は新型コロナウイルス感染症の影響で就職の内定を取り消された人と採用を延期された人で、...

つづきはこちら

パルコシティの映画館22日に再開 当面は当日券のみ

新型コロナウイルス感染拡大防止のための休業要請などを受け、臨時休業しているユナイテッド・シネマPARCOCITY浦添は22日から営業を再開する。  座席は前後、左右の間隔を空けて販売するほか、マスク着用などの感染防止策をとる。当面の間、チケ...

つづきはこちら

オリオンが新WATTA パッションフルーツなど「果実感」前面 アルコール4~6%

オリオンビール(早瀬京鋳社長)は20日、販売1年を迎えた缶酎ハイ「WATTA」(ワッタ)を刷新すると発表した。26日から販売する。定番のリラックスシークヮーサーに加え、限定販売で人気のあったパッションフルーツ、レモン檸檬、雪塩シークヮーサー...

つづきはこちら

県内ホテルでテレワークを  在宅勤務向けプラン提案

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、在宅勤務など「新しい生活様式」の実践が求められている。家で仕事ができない人の需要に応えようと、県内ホテルの一部は客室などの施設をテレワークに活用するよう提案している。  コンドミニオマキシ(那覇市)は7...

つづきはこちら

商業施設も通常営業へ 観光、航空は回復見えず

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため沖縄県が企業や施設に求めてきた休業要請は20日で終了する。沖縄への緊急事態宣言の適用を受け、4月22日に休業要請が発表されてから約1カ月、完全解除となる21日以降は営業再開の動きがさらに進む見通しだ。た...

つづきはこちら

那覇―東京を半日で配達 法人向け空陸一貫輸送サービスで

配送マッチングサービス「PickGo」(ピックゴー)を手掛けるCBクラウド(東京、松本隆一CEO)が、ANAカーゴ(東京、外山俊明社長)と共同で展開する法人向け空陸一貫輸送サービスの対象空港に20日から那覇空港が追加される。緊急で空輸する場...

つづきはこちら

「#この島にエールを」沖縄セルラーがコラボ 20日からはキングスと

新型コロナウイルスの感染拡大で自粛生活が長引く中、沖縄セルラー電話(那覇市、湯淺英雄社長)はスマホで家にいる時間を楽しんでもらおうと、県内企業とコラボしたSNSキャンペーン「#この島にエールを」を実施している。  20~28日のキャンペーン...

つづきはこちら

牧志公設市場、再開したけれど…活況遠く「商売の岐路」

新型コロナウイルスを巡り、沖縄県が14日に休業要請を一部解除したことを受け、那覇市の第一牧志公設市場は18日、営業を再開した。活況はまだ戻っておらず、粟国智光組合長は「相対売りが市場の魅力だが、配達やインターネット販売を増やさないといけない...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 465