ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4597件

沖縄県内豚肉価格12%超上昇 コロナ影響 外食控え、家庭消費増

新型コロナウイルスの感染拡大で外食を控える人が増え、食材の家庭消費が増加している。とりわけ豚肉は3月末から上昇傾向にあり、卸売市場での6日現在の1キロ当たり単価は3月平均に比べて12・9%(59円)高い516円まで上がっている。  県食肉セ...

つづきはこちら

「現代版組踊」グランプリ 沖縄広告賞 久米島町公演ポスター

沖縄広告協会(比嘉敏幸理事長)は6日、第38回広告賞の入賞作品を発表した。総合グランプリには、電通沖縄が制作した久米島町教育委員会の「現代版組踊『ガサシワカチャラ』公演」のポスターが輝いた。今回の広告賞は全14部門に246点の応募があり、グ...

つづきはこちら

イオン南風原店が臨時休業 新型コロナ 専門店従業員が感染 再開はHPで公表

イオン琉球は6日、イオン南風原店内の専門店従業員が新型コロナウイルス感染症に感染したと確認されたことから、南風原店を午後2時以降臨時休業すると発表した。食料品を含む全館が対象。消毒作業を終え、安全が確認されてから営業を再開する。営業再開の具...

つづきはこちら

ロトくじとコラボ、国際通りを応援 沖縄ツーリストが6日からサービス

沖縄ツーリストホールディングス(OTSHD)は6日から、オートレースのロトくじ「当たるんです」とコラボした、国際通りを応援する企画「みるくロト」のサービスを始める。スマホで買えるロトくじで、500円ごとの購入につき10円を那覇市国際通り商店...

つづきはこちら

沖縄ゆかりの「装飾品にこだわり」 那覇・美栄橋に「ホテルストレータ」開業

那覇市のモノレール美栄橋駅前に完成したホテルストレータ那覇(那覇市)が1日、営業を開始した。地上15階建てで、客室数221室。日建ハウジングなどで構成する特定目的会社が整備し、運営を沖縄UDSが担う。  沖縄の歴史や文化をモチーフとし、約2...

つづきはこちら

ソーキ唐揚げと野菜、もちもちパンがコラボ、ジェフ沖縄がサンドイッチ新発売

沖縄県内でファストフード店を展開するジェフ沖縄(与那原町、喜名史弥社長)は新商品「やわらかソーキとフレッシュ野菜のサンド」を販売開始した。軟骨ソーキの唐揚げと新鮮なレタス、キャベツやトマトを、もちもちした食感のホワイトロールでサンドし、食べ...

つづきはこちら

おきなわ観光天気予報は「大雨」 4~6月の観光客数見込み、新型コロナ影響

沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、下地芳郎会長)は2日、4~6月の入域観光客数の見込みを示したOCVBおきなわ観光天気予報を発表した。新型コロナウイルスの影響による航空路線やクルーズ船寄港回数の減少などで海路は6月まで、空路は5月...

つづきはこちら

サンエー15店舗で閉店時間を早めます 22時に変更

サンエー(宜野湾市、上地哲誠社長)は1日、沖縄本島内15店舗の衣料フロアやエディオン、外食店、専門店の閉店時間を現在の午後11時から午後10時に変更すると発表した。21日から実施する。営業時間中の人員体制を強化するためとしている。  変更に...

つづきはこちら

イオン琉球、レジ袋全面有料化

イオン琉球(佐方圭二社長)は1日から、県内のイオン、マックスバリュ、ザ・ビッグ、イオンドラッグの全51店舗でレジ袋を全面的に有料化した。3月まで衣料品などのレジ袋は無料で配布していたが、二酸化炭素排出を削減し環境保全のためにマイバッグの利用...

つづきはこちら

3月の稼働はわずか2日のみ… 友愛観光バス、沖縄の15人を解雇 全国で休業へ

韓国系旅行社のハナツアージャパン(東京)は1日までに、子会社の友愛観光バス(大阪府)の事業を5月に休止することを決め、沖縄営業所を含む全国5カ所の営業拠点の全従業員に解雇を通告した。沖縄営業所の社員15人のうち13人が3月31日付で解雇とな...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 460