1位は「沖縄」夏休み 県別国内宿泊人気ランキング

2014年6月28日

JTBグループのe-コマース事業を担う、株式会社i.JTB(本社:東京都品川区 代表取締役社長:今井敏行)は、2014年度の夏休み期間(7月15日~8月31日出発)の国内宿泊のインターネット予約状況を県別にまとめました。
 
消費増税の影響からレジャーへの支出が懸念されましたが、夏のボーナス支給状況の改善に加え、新たなレジャー施設のオープン、LCC、世界遺産登録などを追い風に、夏休み期間も国内宿泊の予約状況は堅調に推移しています。

 

国内宿泊 県別人気ランキング トップ10

1位 沖縄県 石垣島、宮古島の離島も好調、本島の新ホテルのオープンも追い風に
2位 大阪府 テーマパークが話題となりベイエリアが好調、キタ、新大阪も好調
3位 群馬県 世界文化遺産登録により、県内各地の宿泊も増加
4位 香川県 四国八十八ヶ所霊場開創1200年で話題に、琴平、高松地区が人気
5位 富山県
6位 岩手県
7位 栃木県
8位 長崎県
9位 北海道
10位 熊本県

(2014年6月8日時点のインターネット予約データをもとに、対前年の伸率を集計)
 
6月8日時点の県別人気ランキングをみると、話題の多い地域を持つ県が上位にランクインしています。2014年夏休みの県別人気ランキング第1位の「沖縄」は、新ホテルのオープンや離島の人気などにより、関心が高まっています。

●JTBホームページ 旅館・ホテル  http://www.jtb.co.jp/kokunai_htl/
●国内旅行予約「るるぶトラベル」  http://rurubu.travel/