「やんばる花めぐり号」就航決定!

2014年10月30日

sora

 

ソラシド エア(スカイネットアジア航空株式会社 本社:宮崎県宮崎市 代表取締役社長 髙橋 洋)は機体を活用した地域振興プロジェクト『空恋~空で街と恋をする~』第12弾として、チーム沖縄やんばる*1とコラボレーションした「やんばる花めぐり号」を10月31日(金)*2より就航いたします。

 

やんばる(沖縄北部地域)は豊かな自然が多く残っている沖縄県沖縄本島北部地域をさし、恩納村と金武町を含んだ以北がおおよその範囲とされています。現在、チーム沖縄やんばるでは、主に シーズンオフとされていた冬場における観光客の誘致拡大を目的に、「沖縄やんばる花めぐり」と題して、冬でも花いっぱいの癒しの地“やんばる”の魅力を発見していただく観光PRキャンペーンを実施しています。

 

今回の機体には、やんばるの花々でハートを描いたデザインを採用、やんばるに訪れた方々の心に花を咲かしたいという思いをイメージにしました。

 

沖縄やんばるとソラシド エアは“フラワーアイランド沖縄”そして地域“やんばる”のブランド向上を目指すとともに、「癒されたいなら、沖縄へ。もっと癒されたいなら、やんばるへ。」のメッセージを込めて、やんばるへの誘客促進に取り組んでまいります。

 

ソラシド エアの空恋プロジェクト「やんばる花めぐり号」に是非ご期待下さい。

 

地域振興を目的とした機体活用プロジェクト『空恋』は、1機体1自治体を基本に、1年間機体側面に地名を表示すると共に、機内では各自治体独自の方法でPRしていただきます。
ソラシド エアは、“空から笑顔の種をまく。”のブランドコンセプトのもと、今後とも「九州・沖縄の翼」として
より一層地域の皆様との絆を深め、九州・沖縄にはなくてはならないエアラインとして成長してまいります。

 

*1 チーム沖縄やんばる は、沖縄本島北部に位置する7市町村(本部町、名護市、今帰仁村、国頭村、大宜味村、東村、伊江村)及び一般財団法人 沖縄美ら島財団で構成された団体で、沖縄本島北部地域への誘客促進と地域振興を目的とした観光PR活動を展開しています。

 

*2就航開始日は機材状況等により前後する場合があります。予めご了承ください。