マッキンゼー流で効率よく働き、デキル男になる。

2014年3月18日

makin

 

 

コンサルティング会社で有名な「マッキンゼー・アンド・カンパニー」。マッキンゼー流の問題解決方法や、「プロジェクトで結果を出す」方法論などをわかりやすく説明しております。30代のビジネスマンが読んでも為になる著書です。

 

■著書の一文

 

「誰に、何を、どのように」を必ず考える」

ビジネスで言えば、「どんな顧客に、どんな商品やサービスを、どんな方法で提供するのか」ということがきちんと定まっていなければ、そもそも問題解決のやりようがありません。
それなのに、「誰に、何を、どのように」が曖昧なまま、「とにかくお客様を増やしたい」「売り上げを上げたい」と考えて、思いつきの「なんちゃって問題解決」をしてしまっている企業も案外少なくないのです。