エステはリゾートで人気の沖縄県が11年間、不動の1位!

2014年4月28日

NTTタウンページ株式会社が、自社が運営する商品紹介サイト「TPDB.jp」で、「エステティック」の都道府県ランキングを発表。
都道府県別人口10万人当たりの「エステティック」件数の1位は沖縄県で、人口10万人当たりの合計件数が26.97件。
 
este

 

「エステティック」の登録件数

2005年から2008年にかけて増加したことが分かりますが、それ以降は、ほぼ横ばいです。近年、健康や美容への意識の高まりから、シルバー世代や低年齢層、男性対象のメンズエステティックなどにも広がり、またホテルや温浴施設へのエステサロン併設による新規参入など、競争が激化しているそうです。それが景気回復を背景に、一気に加速したことが理由でしょうか。
 

sub3

「エステティック」の登録件数推移(2005年〜2014年)

 

全国の年間支出金額(2012年)

 
1位・・・岐阜市(26,129円)
2位・・・浜松市(24,679円)
3位・・・静岡市(22,968円)
 
全国平均は15,417円となっています。いずれも中部地方の都市。中部地方において、とくに理美容への関心が高いことがうかがえます。

sub1

都道府県庁所在地および政令指定都市1世帯(総世帯)の「その他の理美容代」年間支出金額(2012年)

 

都道府県別人口10万人当たりの「エステティック」の件数

 
1位・・・沖縄県(26.97件)
2位・・・富山県(23.48件)
3位・・・長野県(22.23件)
 
沖縄県は、2005年から11年間、不動の1位。沖縄県への観光客数は、ほぼ毎年増加しており、さまざまなエステを取り入れたリゾート開発や宿泊施設、パッケージツアーなどが観光客に人気を博したことが、エステサロンの増加につながったのでは、と思われます。
 
また、2位の富山県、3位の長野県は、ともに中部地方。さきほどの全国年間支出金額に関する内容でも触れたように、こちらのデータでも中部地方での関心が高いことがうかがわれました。一方、登録件数が少ないのは、埼玉県(8.74件、47位)、秋田県(8.84件、46位)、青森県(9.33件、45位)でした。

sub2
人口10万人当たりの「エステティック」登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2014年)

 

タウンページデータベース
URL:http://tpdb.jp/
 
NTTタウンページ株式会社
URL:http://www.ntt-tp.co.jp/