IoTで保育効率化 豊見城・浦添が実証実験 簡易検温、登園・退園アプリで管理

2018年2月28日

IoT技術を活用して保育士の業務負担軽減を図る国の実証実験が昨年11月から今年2月まで浦添市と豊見城市で実施され、データの転記や記帳の手間が省かれ業務効率化が証明された一方、実用化に向けて職員の情報通信技術(ICT)教育やハード面の環境整備などに課題が残ることが分かった。国は今後、実証実験の結...

続きを見る
琉球新報