ANA沖縄就航55周年 那覇をアジア拠点に 貨物ハブ、航空機整備展開

2016年9月23日

全日空(ANA)は23日、沖縄路線を就航から55周年を迎えた。日本復帰前の沖縄で、鹿児島と那覇を結ぶ路線を運航。日本航空(JAL)に比べて後発だったが、復帰後に東京や大阪、福岡線を順次開設し、平成に入ると離島路線を拡充させた。2000年代には那覇空港を拠点とした国際貨物ハブ事業が始まり、物流の...

続きを見る
琉球新報