ANA国際ハブ縮小へ 沖縄4路線運休、70便で調整

2018年8月9日

全日本空輸(ANA)は那覇空港を拠点とした国際物流ハブ事業で、沖縄発着の4路線を運休し、週90便から70便に減らす調整を行っていることが8日までに分かった。運休を検討しているのは成田―沖縄、広州―沖縄、沖縄―ソウル、沖縄―台北の4路線。機体も9機から7機に減らす考えだ。  那覇空港は24時間運用し...

続きを見る
琉球新報