15年度の沖縄便1.6%増 関西、離島が好調

2016年4月20日

沖縄関係路線を運航するJALグループ3社と全日本空輸(ANA)は19日までに2015年度の搭乗実績を発表した。4社合計の搭乗者数は前年度比1・6%増の1402万4607人となった。主要路線の那覇-羽田はほぼ前年並みで推移したが、関西方面(伊丹、関空、神戸)が前年を上回った。那覇-石垣や那覇-宮...

続きを見る
琉球新報