10月の暑さ、沖縄の農家直撃 葉野菜栽培に遅れ、12月まで品薄か

2016年11月3日

10月の沖縄地方の平均気温が戦後最高の暑さを記録した影響で、沖縄県産葉野菜の植え付けが大幅に遅れている。成長に必要な冷え込みが足りないことに加え、害虫被害も深刻化している。全国的に台風や日照不足の影響から野菜が品薄となる中、例年なら11月ごろに始まる県産物の出荷に期待が集まるところだが、JAお...

続きを見る
琉球新報