那覇―コザ間、基幹急行バス運行へ 3社がバス停15カ所で統一

2019年9月10日

道路渋滞対策について話し合う「沖縄の新たな交通環境創造会議」(座長・安里昌利県経営者協会特別顧問)が9日、那覇市の沖縄総合事務局で開かれた。路線バス3社が、10月に那覇バスターミナル―コザ間の「基幹急行バス」運行を開始することが報告された。  基幹急行バスは、琉球バス交通、沖縄バス、東陽バスが国道58...

続きを見る
琉球新報