過重労働解消を実践 労働局長が大同火災訪問

2016年11月10日

沖縄労働局(待鳥浩二局長)は9日、過重労働解消キャンペーンの一環で、長時間労働の削減に取り組む「ベストプラクティス企業」に大同火災海上保険(上間優社長)を選び、待鳥局長が職場訪問した。先進企業の訪問は初の取り組み。電通の女性新入社員が過労自殺したことが問題となる中、労働局では毎月11月の「過労...

続きを見る
琉球新報