軽新車販売、2年連続減 増税や燃費不正響く 県内16年度2万4067台

2017年5月11日

2016年度の沖縄県内の軽自動車新車販売台数は前年度比1・2%減の2万4067台で、2年連続の減少となったことが県軽自動車協会(会長・西川将昭琉球ダイハツ販売社長)のまとめで分かった。15年4月の軽自動車税引き上げの影響が続き、一部メーカーの燃費不正問題も響いた。  車種別でみると、乗用車が2...

続きを見る
琉球新報