貨物取扱が16年度は1.5倍 沖縄県産品輸出 アジア需要拡大

2017年7月13日

県が全日本空輸(ANA)の貨物コンテナを借り上げて県産品の輸出事業者に提供する「航空コンテナスペース確保事業(沖縄国際物流ハブ活用推進事業)」の2016年度実績が、件数、重量とも前年度の1・5倍に拡大したことが12日までに分かった。ANAカーゴ沖縄統括支店のまとめによると、通関件数は前年度比5...

続きを見る
琉球新報