設備投資、半数超が意欲 県内企業、資金調達「内部」65%

2016年7月28日

海邦総研(那覇市、親川秀光社長)は27日、県内企業の設備投資計画に関する調査結果を発表した。2015年度に設備投資を実施した企業は59・5%で、16年度も55・5%が実施を予定していると回答。好調な観光業や堅調な土木建設業を中心とした景況感を背景に、設備投資は半数を超える高水準となった。海邦総...

続きを見る
琉球新報