空飛ぶ魚介、アジア向け46倍 那覇ハブ利用

2017年2月21日

沖縄地区税関が20日発表した那覇空港における魚介類の輸出統計によると、2016年は数量で前年比95・5%増の90・9トン、金額で同71・6%増の2億9398万円となり、数量、金額ともに過去最高を記録した。那覇空港を拠点とした全日本空輸(ANA)の国際貨物ハブ事業の開始に伴い生鮮や冷蔵の魚介類の...

続きを見る
琉球新報