県内耕作放棄地が最大 17年、前年比16.4%増3816ヘクタール

2018年8月30日

沖縄県農林水産部は28日、2017年の県内耕作放棄地(荒廃農地)状況を発表した。放棄地の面積は速報値で前年比16・4%増の3816ヘクタールになり、調査を始めた08年以来、最大の広さになった。タブレット端末を使用して調査の精度が上がり、放棄地の把握が進んだ。新たな農地を求める就農者もいるが、土...

続きを見る
琉球新報