漢方薬「冬虫夏草」の栽培確立 国内初、寄生キノコ一貫生産 「薬用泡盛」の販売目指す 沖縄UKAMI養蚕

2019年10月8日

養蚕業の沖縄UKAMI養蚕(今帰仁村、仲宗根豊一代表)が、漢方薬として知られる「冬虫夏草(とうちゅうかそう)」を育成し、機能性食品の素材を開発する事業を進めている。同社は「エリ蚕(さん)」という蚕のサナギに冬虫夏草の一種「サナギタケ菌」を寄生させ、冬虫夏草の発芽から収穫まで行う栽培技術を国内で初めて...

続きを見る
琉球新報