滑走路増設、投資に期待 「国際旅客ハブ構想」進む那覇空港 拡張ゲートウェイ(1) 〈熱島・沖縄経済〉18

2019年5月16日

島しょ県沖縄の空の玄関口として年間2138万人が利用する那覇空港。さらなる利用者増加を見込んで進められている第2滑走路の建設工事は2020年3月の供用開始まで残り1年となった。巨大プロジェクトは投資を呼び込み、さらなる観光客増加が期待される。同時に、航空機の定時運航の実現、オーバーツーリズム対策など課題解...

続きを見る
琉球新報