沖縄県内65%が賃上げ 改善傾向進む

2017年3月8日

帝国データバンク沖縄支店は7日、2017年度の県内企業の賃金動向に関する意識調査を発表した。ベースアップ(ベア)や賞与・一時金の引き上げなど賃金改善を見込む企業は、16年度見込み値比3・8ポイント増の65・3%となり、06年の調査開始以来、3年連続で過去最高値を更新した。好調な県内景況や人材採...

続きを見る
琉球新報