沖縄大交易会開幕 47都道府県参加 輸出拠点化に期待 県産品の少なさ指摘も

2018年11月30日

国内最大規模の国際食品商談会「第6回沖縄大交易会2018」(同実行委員会主催)が29日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開幕した。県内54社を含む269社が出展した。今回初めて全国47都道府県から出展があったほか、海外から15社が初出展した。台湾やシンガポールなど国内外から240社を超えるバイヤーが参加し、...

続きを見る
琉球新報