沖縄初開催!インバウンド市場拡大へ 通訳サービス『スマイルコール』販売パートナー募集説明会

2016年11月9日

地方都市No.1の成長をみせる沖縄のインバウンド市場拡大・地方創生を目指す

img_115773_1

株式会社インデンコンサルティングは、iPhone・iPadのビデオチャット機能を利用した5言語24時間対応の通訳アプリ『SMILE CALL(スマイルコール)』の、沖縄での販売パートナーを募集するため、2016年11月17日(木)に沖縄にて、販売パートナー募集説明会を開催いたします。

 

・製品ページはこちら
https://myco.jp/main/index.html

・セミナー特設ページはこちら
https://myco.jp/main/seminar/index.html

 

セミナー開催の背景

img_115773_2

先月31日、観光庁は2016年の訪日外国人数が、年初からの累計で2000万人を超えたと発表し、当初2020年までの目標とされていた2000万人を、2016年10月時点で早くも突破する形となりました。この予想を上回るペースでの訪日客数の伸びを受け、現在政府は、観光ビジョンの中で、今の倍である年間4000 万人を目標に掲げており、まさに「インバウンド熱」はさらに加速の一途を辿っていると言えます。
それに伴い、沖縄インバウンド市場も拡大は続いています。沖縄県文化観光スポーツ部観光政策課の調査によると、平成 28 年度上半期(2016年4月~9月)に沖縄を訪れた外国人観光客数は、前年同期に比べて40.5%増の123万7千人、5月から8月までの4ヶ月間は、連続で単月の過去最高を上回る客数を記録しています。中国・韓国からの沖縄発着の航空路線の増加やクルーズ船の寄港回数の増加が要因とされ、下半期以降もクルーズ船の寄港回数の拡大が予定されていることから、さらに市場は拡大するものと予想されます。
しかし一方で、訪日外国人の受け入れ体制に目を向けると、「おもてなし」不満ランキング第1位に「外国語でのサービスが少ないこと」が挙げられます。言語面での不安・不満が課題として残っており、全国の各観光地の企業様、病院、店舗オーナー様を悩ませています。

我々インデンコンサルティングはこれまで、世界一の観光都市・京都から多くのインバウンド課題を解決してきました。そのソリューションの1つに圧倒的な実績を誇る、ビデオチャットを利用した5言語24時間対応の通訳アプリ『SMILE CALL(スマイルコール)』があります。
沖縄でのインバウンドニーズを早くから感じとった弊社は、2012年のサービス開始当初より、「琉球村」様、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」様、「沖縄GRGホテルズ株式会社」様などの沖縄企業のほか、大手レンタカーショップ、下着メーカー、ジュエリーショップの沖縄店舗において、サービス導入を進めてまいりました。そして今回、さらに沖縄インバウンド市場の拡大を支えるべく、訪日客、店舗、代理店のそれぞれにとって、まさに“三方よし”の通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」の販売パートナーを沖縄で募集致します。

・導入事例/実績はこちらから
https://myco.jp/main/index.html

・琉球村(うえちグループ)様の導入事例インタビューはこちらから
https://myco.jp/main/example/index04.html

■セミナー詳細
日時  : 2016年11月17日(木) 15:00~17:00
会場  : Brilliant Port(沖縄県那覇市前島3-25-2泊ポートビル1階)
参加費 : 無料
定員  : 10名
主催  : 株式会社インデンコンサルティング

↓【無料】お申込み・詳細はコチラ↓
https://myco.jp/main/seminar/index.html

 

■株式会社インデンコンサルティングとは

iPhone・iPadのビデオチャット機能を利用して、5言語24時間365日の通訳対応を実現する通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」(https://myco.jp/main/index.html)や中国のSNS上の著名人(パワーブロガー)と協力して、クライアント様の中国向けのPRをお手伝いする「SMILE PRODUCTION(スマイルプロダクション)」(http://inden.ne.jp/smileproduction/)などのサービスを開発しながら、「インバウンドの総合商社」を目指して、合計300社以上をインバウンドの側面から支援している会社です。