沖縄公庫、MROに2000万出資 那覇空港、民間機整備に

2018年11月3日

沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は2日、那覇空港の民間航空機整備施設で整備事業を展開するMROJapanに2千万円を出資したと発表した。9月28日付。同社の資本金は10億円となった。整備や機体塗装に必要な設備投資に充てる。格納庫での整備が中心だが、海外の航空会社から運航ごとに行うライン整備の打診もあり、...

続きを見る
琉球新報