沖縄テーマの雑貨開発 ゆいまーる沖縄と県立芸大

2017年3月18日

沖縄の伝統工芸品の普及と販売を手掛けるゆいまーる沖縄(南風原町、鈴木修司社長)は17日、県立芸大と共同で、沖縄をテーマに大学生がデザインした柄のポチ袋やはがきなどの新商品を開発し、ブランド名「シマノネ」で発売した。「おばあちゃんが持たせてくれたサングヮー」「渡嘉敷島の海」など学生個人の思い出や...

続きを見る
琉球新報