沖縄の路線価上昇率2年連続で全国一 東京上回る8・3% ホテル需要高く

2019年7月2日

沖縄国税事務所は1日、相続税や贈与税算定の基準となる2019年1月1日現在の県内路線価(1平方メートル当たり)を発表した。県内の標準宅地3158地点の評価基準額は、対前年変動率の平均値がプラス8・3%と5年連続の上昇を示し、上昇率は2年連続で全国トップとなった。土地評価額の上昇率は前年の5・0%から3・3ポイント...

続きを見る
琉球新報