沖縄の就労外国人 過去最高7310人 最多はネパール人

2018年2月9日

沖縄労働局(待鳥浩二局長)は8日、県内外国人労働者数(2017年10月時点)が前年同月比1339人(22・4%)増の7310人となり、過去最高を更新したと発表した。最も多かったのがネパール人で1981人(27・1%)、次いでフィリピン人986人(13・5%)、香港人を含む中国人955人(13・...

続きを見る
琉球新報