沖縄「ゆったり旅」人気 富裕層向け 小規模宿泊施設が増加

2017年1月8日

今帰仁村など本島北部を中心に1泊の客室単価の平均が4万5千円という高価格帯の宿泊施設がインターネットを通じて人気を広げている。大型リゾートホテルの建設が相次ぐ中、富裕層向けの小規模宿泊施設も増加している。沖縄の観光はこれまで、家族層が西海岸の大型リゾートホテルに宿泊し、ビーチなどで楽しむ形態が...

続きを見る
琉球新報