搾りかすでぽん酢 シークヮーサー果皮から開発 本部産活用

2018年4月24日

沖縄県農業研究センター(糸満市、宮城克浩所長)は、シークヮーサーを搾って残った果皮から抽出酢を製造する新技術を活用したぽん酢を初めて商品化した。健康効果が期待される成分「ノビレチン」は果汁よりも果皮に多く含まれており、これまで捨てられていた残りかすの有効利用につながる。  同センターや本部町など...

続きを見る
琉球新報