宅建士受験者 10年で1.4倍 18年度・県内 不動産市況の活況背景

2019年10月9日

県内地価の上昇が続く中、不動産売買の国家資格「宅地建物取引士(宅建士)」の受験者数が増加している。県内の受験者数は2009年度の2399人から18年度は3262人に増えており、10年で約1・4倍になっている。18年度の受験者数は統計が残る1988年度以降で、バブル経済期の90年に次ぐ過去2番目に多い人数だった。不動産業者...

続きを見る
琉球新報