嫌いでも食べやすい 「塩セロリ」登録出願 塩分含ませ栽培 沖縄県外出荷増

2018年4月22日

【八重瀬】沖縄県八重瀬町の農家らが沖縄の塩や岩塩を水で薄めて散布し、栽培する「塩セロリ」の県外取引が増えている。癖が少なくうま味があり、セロリ嫌いの子どもでも食べやすいと好評で、今期は最盛時で1週間に約7トンを出荷した。2017年10月に農作物卸のアグロオーガジャパン(中城村、伊佐尚子代表)が...

続きを見る
琉球新報