外国人の農業就労解禁を JA沖縄中央会など、特区活用要望

2017年3月28日

沖縄の農業分野で労働力不足が課題となる中、JA沖縄中央会(砂川博紀会長)とJAおきなわ(大城勉理事長)は28日午前、県庁に島尻勝広農林水産部長を訪ね、政府で議論が進んでいる「国家戦略特区」で外国人の農業就労を解禁する制度について、沖縄で活用することなどを要望した。  要望したのは①農業就労におけ...

続きを見る
琉球新報