国際貨物、中城湾へ集積 通関業務のC&D(うるま市) 「保税蔵置場」を運営

2018年6月16日

輸入家具販売や通関業務などを手掛けるC&D(うるま市、上地力社長)が、国際的な貨物を取り扱う物流拠点の整備を進めている。同社の倉庫などが外国貨物を置くことができる「保税蔵置場」として許可を受けており、今後は輸出入する貨物の集積や通関業務などを手掛ける。同社が位置する中城湾港の周辺地域に国際的な...

続きを見る
琉球新報