国内初の郷土料理店ネットワーク!この秋より東京の沖縄ファンに効果的な訴求が出来る「沖縄料理店チャネルプロモーション 」開始!

2014年9月18日

「島のわ通信実行委員会、株式会社香那ホールセール、株式会社ハブコネ」は共同運営により、首都圏の沖縄料理店をネットワークとしてつなぎ、「面」として沖縄料理店から沖縄の情報を積極的に発信していくことを目的とした「東京島のわ通信」を立ち上げた。
 
「東京島のわ通信」は店舗、WEB、イベント等を活用して発信していくプロジェクトです。全国 でも郷土料理店舗のネットワーク化は、初めての試みとなり、様々な沖縄の情報を首都圏で発信することが可能。とりわけ沖縄観光の情報発信にも寄与されることが期待できるとのことから、これまで首都圏の事業において連携してきた「一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー」にも「東京 島のわ通信」の立ち上げに協力。
 
また、「東京 島のわ通信」の概要および今後の展開などを伝える発表会を開催し、沖縄出身のイラストレーターpokke104さん制作のロゴおよびキービジュアルの発表も予定。

005

東京 島のわ通信 -TOKYO OKINAWAFOOD COMMUNITY-とは?

国内初の郷土料理店ネットワーク!
近年首都圏では、約500店舗を超える大変多くの沖縄料理店が出店することにより、飲食店の1つのジャンルとして確立されるほど生活に馴染んだものになっています。これまで個々の店舗での活動が多かった沖縄料理店をネットワークとしてつなぐことにより沖縄料理店のPR強化をはかるとともに首都圏から沖縄の情報発信をします。沖縄料理店の店内スペースを活用し、首都圏での認知を向上したい沖縄県関連企業の告知展開のサポート、沖縄観光PRの訴求をしていきます。

 

■東京 島のわ通信 運営体制
株式会社香那ホールセール(参加店舗窓口・店舗開拓および調整、広告展開ツール配送)
株式会社ハブコネ(Webページ運営・Facebook実施、沖縄料理店の情報発信)
島のわ通信実行委員会(沖縄県関連企業・団体の出稿申し込み窓口、東京 島のわ通信プロデュース)