南西石油、太陽石油へ売却で最終交渉 精製は再開せず

2016年10月5日

南西石油(西原町)の事業承継問題で、親会社のブラジル国営石油会社ペトロブラスが、四国を拠点とする石油元売りの太陽石油(本社・東京、岡豊社長)と株式譲渡で最終交渉に入ったことが、4日までに分かった。売却額は数十億円規模になる見通しで、年内の正式契約に向けた交渉を進めている。一方、南西石油を売却し...

続きを見る
琉球新報