全国平均上回るも企業の4割法定届かず 障がい者雇用率 二極化進む 雇用「0人」は252社

2019年9月15日

県内企業の障がい者雇用率が全国平均を大きく上回るなど、働く障がい者の数は年々増加している。その一方で、障がい者の雇用が義務付けられている企業のうち約4割が法定雇用率を達成できていない。県内では、障がい者を積極的に雇用する企業とそうでない企業の二極化が鮮明となっている。県内経済の好況を背景に雇用情...

続きを見る
琉球新報