住宅ローンなど融資60億、6割余が地元行などから借り換え 鹿児島銀の沖縄進出1年

2016年9月28日

戦後初となる県外地方銀行の沖縄進出となった鹿児島銀行(上村基宏頭取)の沖縄支店開設から、28日で1年が経過した。同支店によると8月末までに住宅ローンを中心に個人融資は件数で約230件、総額で60億円余を実行。沖縄の地元地銀との金利差から相談が相次ぎ、融資の6~7割が他行からの借り換えだった。金...

続きを見る
琉球新報