不動産競売最少244件 景気回復が影響 15年県内

2016年3月12日

東京商工リサーチ沖縄支店は11日、2015年の県内の不動産競売事件数が前年比33・9%減の244件で過去最少を更新したと発表した。過去10年間では09年の1176件をピークに減少傾向で推移。ここ数年の県内景気拡大により、毎年、過去最少を更新している。同支店は「減少の背景に、中小企業金融円滑化法...

続きを見る
琉球新報