下地島エアポートマネジメント 路線開拓へ10社と協議 1便で年38億円効果

2018年12月16日

2019年3月30日開業予定の下地島空港旅客ターミナル施設を運営する宮古島市の下地島エアポートマネジメント(SAMCO、伴野賢太郎社長)は国内外の新規路線開設に向け、航空会社10社ほどと協議を進めている。路線拡大は入域観光客数の増加に直結し、さらにSAMCOは格安航空会社(LCC)が1日1便就航すると観光消費額は年間...

続きを見る
琉球新報