ワイズがフィリピンで飲料水販売所 海水淡水化、アジア展開も

2016年9月16日

ワイズグローバルビジョン(うるま市、柳瀬善史代表)は、今秋から同社が開発したミニプラント型海水淡水化装置を利用して、フィリピン国内で飲料水の販売事業を展開する。水道施設の整備が進まず、水質環境の悪い東南アジア地域の島国などをターゲットに、3年間で300カ所の飲料水販売所「MYZ(水)ステーショ...

続きを見る
琉球新報