モズク生産1万4000トン 2年連続不作、目標下回る

2016年8月16日

沖縄県もずく養殖業振興協議会は15日までに今期の県内モズク生産量の推計をまとめ、昨年を約千トン上回る約1万4千トンとなる見通しとなった。生産目標である1万9千トンを5千トン近く割り込む不作となる。2年連続の不作が響き、昨年からのモズクの在庫状況も厳しく、加工業者からは供給に懸念の声が上がり始め...

続きを見る
琉球新報