マンゴー500トン出荷へ JAおきなわ 「果実の色、糖度期待」

2018年6月19日

県産マンゴーの出荷が始まっている。JAおきなわ(大城勉理事長)は18日、2018年産のマンゴーの出荷計画が前年比27%減の約500トンになると発表した。加温栽培で6月末~7月上旬、無加温栽培も7月20日以降から出荷の最盛期を迎える見通し。JAによると少雨で小玉の心配はあるが、「品質が良く、果実の色や...

続きを見る
琉球新報