マンゴー、トマトの増産に対応 豊見城市に新選果場

2017年5月9日

豊見城市のマンゴー、トマトの生産量増加に対応するため、JAおきなわ(大城勉理事長)は9日、同市与根に新しい選果場を開設した。09年から運用している既存の選果場と一体的に運用することで、1日当たりの処理能力をトマトで16トンから20トンに、マンゴーで20トンから25トンに増やし、農業振興につなげ...

続きを見る
琉球新報