タクシーに通訳機能 外国客に対応へ 沖縄県内法人3600台

2018年2月20日

情報技術(IT)を活用してタクシーの利便性を高めようと、沖縄県内の法人タクシー会社でつくる県ハイヤー・タクシー協会(東江一成会長)が今秋をめどに、タブレット端末を使って法人タクシー全3600台に多言語通訳機能と電子決済機能を搭載する方向で検討している。増加を続ける外国人の需要を取り込み、ドライ...

続きを見る
琉球新報