セブン-イレブン19年度出店 現地法人設立へ 5年で250店

2017年6月10日

セブン-イレブン・ジャパン(東京)の古屋一樹社長が9日、県庁で記者会見し、2019年度に沖縄に出店することを正式に発表した。本島中南部を中心としたドミナント(高密度多店舗出店)方式で年間50店ずつ拡大し、進出から5年で約250店舗を立地させる。沖縄進出に当たってセブン-イレブンでは初めて100...

続きを見る
琉球新報