セブンイレブン、5年間で沖縄に250店展開へ 19年度進出を正式表明

2017年6月9日

セブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹社長が9日午前11時、県庁で翁長雄志知事と面談し、2019年度に沖縄に出店すると正式に表明した。出店から5年間で、約250店の展開を計画している。沖縄進出にあたってセブン―イレブンとしては初めて現地法人となる100%子会社を設立し、総菜などの専用工場の建設に着...

続きを見る
琉球新報