セブンイレブン、沖縄で200店計画 工場など供給網も

2017年1月21日

コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは20日、沖縄での出店計画について2019年2月期(18年3月~19年2月)をめどに進出し、将来的に200店舗以上を目標としていくことを明らかにした。弁当や総菜の専用工場を沖縄で造るため、200店舗は工場運用の採算分岐を上回る規模としている。  セブン...

続きを見る
琉球新報