サトウキビ交付金210円増 政府与党方針 1万6630円、TPP考慮

2018年12月6日

 【東京】政府・与党は5日、2019年産サトウキビの生産者交付金を1トン当たり前年比210円増の1万6630円(基準糖度帯)とすることを決めた。交付金の増加は5年ぶりで、30日に発効する環太平洋連携協定(TPP)で砂糖価格の下落が予想されることを考慮した。30日のTPP発効後に収穫される今期分にも交...

続きを見る
琉球新報