コープおきなわ、家庭向け電力参入 来年4月新会社設立

2017年4月29日

コープおきなわ(浦添市、山本靖郎理事長)は28日までに、電力小売り事業に参入する方針を決めた。みやまスマートエネルギー(福岡県みやま市、磯部達社長)との共同出資で夏までに新電力会社を設立し、2018年4月から家庭向けの電力供給開始を計画している。廃食油を使ったバイオマス発電を電源として調達する...

続きを見る
琉球新報