キビ影響、最小限に TPP対策を要求 農業者集会

2016年11月2日

沖縄県さとうきび対策本部(本部長・砂川博紀JA沖縄中央会長)は1日、南風原町立中央公民館で約500人を集めて県農業代表者集会を開き、2016年度産のサトウキビ価格決定を前に、糖価調整制度の維持や中長期的な増産に向けた政策の確立など7項目を求めていくことを決めた。環太平洋連携協定(TPP)を承認...

続きを見る
琉球新報