オリオンビール、タイでじわり拡大 直行便で沖縄の認知度向上

2017年11月1日

【バンコクで与那嶺松一郎】オリオンビール(沖縄県浦添市、與那嶺清社長)がタイの首都バンコクへの輸出販売を広げている。関税や輸送費がかかることから競合製品と価格面で苦戦していたが、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション直行便就航もあって沖縄の認知度向上が追い風になった。飲食店を中心に取り...

続きを見る
琉球新報